きばいやんせ!鹿児島弁

熊本・鹿児島 引き続き最大級の警戒を 災害の恐れ(20/07/04)

 
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

熊本県と鹿児島県では雨のピークは過ぎたとみられます。しかし、依然として最大級の警戒が必要です。

 活発な梅雨前線の影響で、熊本県と鹿児島県では経験したことのない大雨となっています。すでに九州の大雨の峠は越えたとみられますが、これまでに降った雨で地盤が緩んだり河川が氾濫したりしていて、引き続き最大級の警戒が必要です。4日午後は雨は小康状態となりますが、5日朝には九州南部を中心に再び雨が強まる見込みです。今後は少しの雨でも災害が発生する恐れがあり、警戒が必要です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© きばいやんせ!鹿児島弁 , 2020 All Rights Reserved.